2015年1月31日土曜日

オンが大事

仕事以外は
ほぼオフトゥンにいます。
オフはオフトゥン…

ついまだまだ焦るけど仕方ない。
ゆっくりするのにも慣れたい。
2015冬。


ところで
ガイドのサラスヴァティたんに

「ねーサラちんは
なんで弁財天じゃなくてサラスヴァティのほうなの?」

と以前聞いたところ


『音(オン)が嫌なのよ!

ベン ザイ テン てさー!

全部なんか流れる気がしないのよねー!』


うーんさすが水の神様…

「水だけじゃないわよ失礼ね!
流れるものは大体司るわよ」

アーハン…

エネルギーやね…

そういえばマントラってなんなの?

「私にとっては名前を呼ばれるていどのことだけど。

あれも音が大事なのに、
やっぱり日本語(カタカナ)にされると、
変な音になるのよねー
なーんかちがうのよねー

どうせやるならちゃんとした音で
やって欲しいものよねー」

ふーん…
私には「サラと呼んで♡」いうじゃない?


「サラが一番音がいいのよ」

へー

「貴方も名前は大事にしなさいよ!」

は、はい。










2015年1月29日木曜日

サラスヴァティのエネルギー

ところで


「なんかないですかね?」
「こういうやつないの?」

とガイドにオーダーしてエネルギーを
おろしているわけだけど、
検証するのが大変。

自分で自分のフィードバックは案外取りにくい。


そんな中

数少ない友人のひとりに
先日
サラスヴァティ(日本でいう弁財天さま。「サラと呼んで♡」:本人談)の
エネルギーをアチューンメントさせてもらったのれすが、


エネルギーがどーん!!と
遠慮なく大量におりまして

友人は「眩しくて目があかない!」と。

勢い良いまま
エネルギーで
バーン!バーン!バーン!と沢山の扉があいていくような。

その扉とは
「自分がやりたいこと」
「天命」
「自分の可能性」
「才能」

なんかで。

開いた扉から
エネルギーは洪水のように流れていく。


「全部できるようになっちゃうけど、
どうするー?」

とのサラからのメッセージを伝えると

友人は

「やるー!やりますー!」

洪水のなか
半ばやけくそ気味に叫んでたので

「オッケー♡」

と。
なに?これ?

サポート契約完了的な。

「俗っぽくいうとー、
才色兼備とか、文武両道とかー?
あれもこれも出来て当たり前?ね。


全部出来るようになった状態で、

その先に、

あなたはさらに何が出来るの?

それが見たいの」


ああ…見たいのね…


「願わくば

この恩恵を、

いずれ、自分に与える如く
他に分け与えていけるような人間に受けて欲しいけどね。」


そうだね…

とりあえず友人の今後が楽しみですが、
真っ先におろした私の生活は
アワアワするほどサラのサポートが強烈です。
(もともと私のガイドだしね)


というわけで、
サラスヴァティのエネルギーサポートが
得られるように
なるこのアチューンメントを
メニュー化しますので、

ご興味ある方はTwitterとかIGのアカウントから
コンタクトいただければ、と。
(モバイルからご覧いただいている方はwebバージョンに切り替えていただくと
みられます)

















2015年1月28日水曜日

タバコとコーヒーと生クリーム


おはようございます。

カフェオレよりカプチーノが好きです。

月2の定例会議が終わったので
会社に戻る前に
ブランチをば。


(左はお湯…

「カフェでお茶」すら取れない
日々を過ごしていたので
震えるほどの多幸感…!

まあこの後夜までガリガリ仕事するので
今食べないとマズイからなんだけども。


タバコとコーヒーは
私の中で多分いま一番のリラックスツール。

ちなみにタバコ吸いながらでも
チャネリングには一切問題ございません。

なんなら居酒屋でお肉むしゃむしゃして
お酒グイグイ飲んで
タバコぱかぱか吸ってたって
しまいには『うーるさーい!』と叫ぶレベルで
メッセージは来ますので。ね。


もちろんTPOは守って
吸わない時は全く吸わないし、
何ヶ月かやめていたりもしたんだけども。

『◯◯すると波動が下がる』
とか
『ライトワーカーはそういうことしない』

とかなんぼのもんじゃーい!!

そんなもん誰かがつけた制限じゃーい!

と思ってて
だから敢えてまだ吸ってるフシもあるのかも、しれません…


とにかく
その辺の謎の枠は軒並みとっぱらって
生きて行こうと思っております。
今日現在。


さ、戻らねば。








2015年1月27日火曜日

上からガイド

チョトマテチョトマテオニイサーン!

昨日から
オリエンタルラジオがカバー?した
こればかり観ています。


ラッスンゴレライ!
むしろ本家より好き(ごめん



去年の終わりから
ポロポロ書いていたけど、
自分の中の
『こうなったらそろそろヤバい(身体と精神が)リスト』
がチェックで埋まりつつあるのに
無理しすぎて

再び自律神経が、
ぱーーーーーーーん!

なってしまいました。

できることは唯一

『休息』

とわかっていたのに無視して
ギリギリになっておりました。ガックシ。


いよいよどうにもならず、
朝まで胃痛に苦しんだりなんだりしていたので、
思い切ってほぼ全部の予定を
リスケしました。

それを後押しするかのように

ガイドのサラスヴァティ(水の神様)は
水道をぶっ壊し、
(おかげで修理のために一日在宅勤務に)
他のガイドの手回しか
今日も休みで、
(一応自宅で仕事してる)
他の方の多大なフォローもあり、2週間ほど
ゆるいスケジュールで生きられることになりました…

恐ろしいのは、自分がギリギリなのは
ともかくとして、
身内の身体にも明らかに飛び火するから、

これはアカンほんとにアカン

と思いきれたということ。


「あんたの身体だけだと、無視するからよ!」


ええ…ほんとに…

それを証拠に、休むと決めた途端
みんなの症状が緩和したという(白目


あーもうなんかもういろいろ繋がってるんだなと
そう言う意味でも腹くくるしかないのね…と。


そう思いながら
おうちでカタカタ仕事をしていたら
マスター(仮)からメールが


「『本人は休息を取っているつもりでも、実は、身体は休めてない』みたいなこともあるでしょうから(笑)」

ちょ!なんで!
見えてる!?
何処から見てる?




上から…か…





2015年1月21日水曜日

祖母は守護霊

ブロック解除をサポートするペンを
手に入れました。

なんなら100本は私が作りました…

それは置いといて。


書くだけで燃えていく超絶すごいペンなんだけども

昨日何度目かの、いやトータル何十回目かの
身体の調整をしてもらいつつ、
ありとあらゆることを試みても
どーにもこーにも力が入りっぱなしの
私の身体について、
ある程度掘り下げてからの。

ブロック解除ペン登場。


掘り下げどころか頭にキーワードが
ボンボン思い浮かんできて
書きたくないのに手が止まらない。
マインドマップにしながらも、
紙を変えて延々続けて。

最後は守護霊の一人である
母方のおばーちゃんからの、
メッセージがわーっとおりてきた。

とりあえずそれは置いといて。

最後に自分の思考を捉え直して
しっくりくるまで試行錯誤して
身体の細胞にその旨伝えて
意思疎通をはかって
反発する細胞には交渉して

…ああ長い。

そんなことを繰り返して終了。

ちなみに、問題の身体は、
本人的にはそこまで自覚が無いけど、
(何せ力の抜けてる状態がほぼ分からない異常ぶり)
他人が見ると当社比でものすごく柔らかくなっているそう…

なんて他人事のように書いちゃうほど
胎児の頃から力が入ったまま生きていたわけですショボン。



諸々終わって家路を急いでると
おばーちゃんにさっきの件をせっつかれる。
疲れたから後日にしたいと言っても
どうしても今日にしろと。

やむなく母に連絡し、母の家に。

戸惑うどころか何かを察して
落ち着かない母を宥めて

まずは自分から母への感謝の言葉を。

それから、急死したため娘に何も伝えられなかったおばあちゃんからの
娘へのメッセージを代わりにお伝え。


私「どうしてもばーちゃんが今日言えっていうから」

母「(号泣しながら)明日命日だもの…!」


あ、あああああ!


…そう薄情な孫は完全に忘れていました。


「ほんとに薄情だよ!」

…いやどーしても離れてる気がしなかったから
命日とか気にならなかったのよ…

守護霊の一人と知って納得したもんね…


初めは通訳みたいに逐一メッセージを
伝えてたんだけど、
さすが気の短いばーちゃん、
後半完全に私に憑依してしゃべってたね…!


まあそんなわけで
タイミングよく物事が進んだんだけども。
いつ死ぬかは本当に分からないから
感謝や愛は
伝えるのは面倒でも恥ずかしくても
今すぐ当日内に言うべきだな。

後悔はしてもしたりない。


…それでもこうやってチャネリングで
メッセンジャーすることはできるけどね。

2015年1月17日土曜日

おなかに剣が刺さってた話

寒い。

突然ですが
私はたまに

ガイドのエネルギーと意識を
降ろして
自分の意識を後ろにどかして
ガイドに身体を貸したりします。

自分の意識はあるけど
自分で無い思考で自分で無い言動をとる
という、なんだそれー!なワザ。

私のガイドは入りたがりーなヒト(人じゃないけど)
が多いので

今まで入ったことがあるのは
5人。
今日は新たにガイドのうちの
サラスヴァティーさん(弁財天ともいうね)
に入ってもらうことに。

余談だけど
ガイドを入れた途端、
PCの異常が起きたので
これからは気をつけよう…
「修復不可能なエラー」とか困るよ?



試したかったことをちょっと
やっていただき、

その後彼女は
私の身体の調整を。

「アハハハハハ
お腹に剣が刺さってるー!」

と言い出し
おもむろにそれらをむんずっと
抜き出した!!こわ!
長い剣が何本も出てきて全部光に変えてくれたんだけど

抜いた途端いろんな臓器が
動き出してグルグル音を立てて

なんぞー!!この剣なんぞーー!

と私は後ろで(あくまでイメージ)
慄きつつ、

「ウケルー」

なんて言いながら剣を処理してくれた
サラ(ニックネーム)。

結局何が刺さってたかは
彼女にとってどうでもよいことらしいので
分からずじまい…

「抜いたんだからいいじゃない」
と追加コメントが。


あとメニュー決めを依頼してたら
彼女のアチューンメント、12万円だって。
強気価格!

「効果考えたら安いわよ」

…そうっすね…



すごいのは
「そろそろ抜けようかなー」
といって抜けてから
ほんの数分後に
家族が突然帰宅。


ガイドってすごいわ。



2015年1月15日木曜日

自己啓発とか潜在意識界隈で言われるようなアレ

最近流れが怒濤すぎて
半ばパニック、半ばヤケクソの感じで
身を委ねています…
ウソ。溺れながら流れています。

スタートアップのフォローを
していただいているものの、

いざ「仕事を辞めること」を示唆されると
身体がよじれるように悶えてしまって
「ハイ」と言えない。

フォローはあくまで
フォローであって、
やるのも責任も全部自分だけど、
向こうもプロですから
出来ないことは提案すらしてこないわけで


ずっと恋い焦がれていたライフスタイルが実現しそうになった途端
恐怖で足がすくむのは
自己啓発とか潜在意識界隈で言われるようなアレですねアレ。


とにかくこの一年、
忙殺されていて
頭がショート状態なので
どっかで完全にリセットしなければ。

なのでちょっと
流れをかえるついでに遠出しようかと。
日程と足を確保!

恐ろしいもので慣れなのか予感があったのか、
突然の一人旅の申し出に、身内もさして驚かずに
「ああそう、行って来れば?」と
快く調整してくれた。

そういうものなんだろうか?


昨日は
書類を書きながら、

「まだ君の勤務先は『◯◯』って書いておいて良いんだよね?」


ん?

んん?

まだ辞めるとか何も話してないけど…?

打ち明けて相談して説得する前に

話が通ってる…


「そろそろかなって」

…うーんうーん



「あんたが本気でやるのならば、
これくらいの調整はこっちでやるわけよ。ちょろいもんよ
understand?」


ううっガイドちん…
ありがとおおおおー!












2015年1月8日木曜日

聖☆おにいさんとパシフィック・リム(ごめん

体調が悪くて早く寝ようとしたのに
寝つけない。

ガイドに喚くと
顔を覗き込みつつ
みんなで子守唄を歌ってくれるのだけど
それは
まったく落ち着かない!

あきらめて
どうせなら何かしようと

次元間のグラウディング担当のガイドに

「ちょっと上に飛ばしてくれるー?」とオーダー。


恐ろしいことに
『いーち、にーの、さーん!』
でぶち上げられ


高速すぎる上昇の
体感に慄きつつ

一度止まって周りを確認。
肩を叩かれ振り返ると。

期間限定でガイドになってくれてる
イエスキリスト…



上位ハイヤー(!)
(どんくらい上位か知りませんが)


…うーんここまで上がると
そういうのもありよね…

最近何が起きても受け入れやすくなったよね…


でさらに何度か高飛びしていき



概念では説明できないあたりまでくると
逆にものすごい安堵感というか幸福感に包まれるー。


さすがにこのまま寝落ちは
いけないなあと思い


戻る

のも上がりすぎたもので
降りるのもなかなかの衝撃の体感。

映画「パシフィック・リム」で
ジプシー ・デンジャーが
大気圏から降りて着地するシーンを
急に思い出しのシンクロしーの
(むしろドリフト?笑)

あー着地はしっかり堪えないとな!
と思いながら
戻ってきて

そのまま入眠したようです…


こういうの楽しいんだけどなー
フィクション好きの方とかも
こっちこないかしら…

2015年1月2日金曜日

あけまして2015

あけましておめでとうございます。

もはやあまり記憶もない
怒涛の2014が終わりまして。
激流のさなか
2015に…!


今年は

『提供側に回る』

ことを決めました。


サイト作ったり
メニュー作ったり
準備をして、早く公開するつもりです。

このブログはこのまま
ダラダラ好きに書きつづけたいので
もうひとつちゃんとしたのもリンクさせつつ作ろうかと思います。

準備段階はこっちに書いて行こうかなと
思っていますので
かわらずよろしくお願い申し上げます。



年末の美容会議で
「セールではパンプスを買え」とのガイドの意見にのっとり
下見がてら初売りに出かけたところ、
狙っていたパンプスはなんと

「私のサイズがラス1のうえにセール対象外」

と言われたので、
潔くプロパーで購入…!

私の幅狭足に合うと、
シューフィッターさんに勧められていた
ブランドのラインだけに
びっくりするほどピッタリで
さらに歩きやすいように調整もしていただき。


セールじゃこんなにじっくり
みてもらえないかもなあと。


「美は健康あってだからね。足元重要超重要」

と件のガイドも頷いております。

「ピッタリの靴じゃないと、歩き方も汚いからね」

ソウデスネ…


こんな感じの毎日ですが
私が提供するものも

『美』に特化する予定です。



人と比べる美でなく
自分のポテンシャルの中で
なれる一番の美を


…ああそんなこと言える私なのかどうか…(白目
…精進します。